Article
0 comment

海のスタイロフォーム(発泡スチロールの一種)の雪

対馬海峡から韓国へ向け横断している時です、私たちはとてもユニークな海の汚染を目の当たりにしました。大きなブイが壊れたことでとても小さなスタイロフォームのボールがそらはたくさん浮かんでいました。数100ヤードにもおよぶくらい、辺り一面が、銀世界のように白く広がっていました。

IMGP2375

Article
0 comment

対馬海峡から韓国横断

韓国の海上保安部に連絡よし
日本の海上保安部に連絡よし
向こう9時間から10時間の天気も良好

いよいよ、やってきました。私たちはカヤックを海辺に降ろし、コックピットに乗り込み、出発です。まず対馬海峡までの間は、強い海流に向かって北西へ舵をとりました。 こうした理由は、韓国側へ横断するときの海流に乗るためで、残り半分の旅をより楽になるようにするためです。

10491977_497063477090508_2650657967455423350_n

佐護港を出発した時には、まだ私はもしかしたら、波が強ければ引き返さなければならないかもしれないという事にドキドキしていました。波がカヤックの先端にあたり、1時間あたり、7キロ進むのが難しいと分かり、もしかしたらと思い始めました。 最低限のスピードで進んでないことはわかっていました、でも失敗するわけにはいかないと、私は自分の力を全てだし、漕ぎました。1時間が過ぎ、康司が、2時間いこうと言いました。つまり、私たちの通常の休憩をせず、先へ進めようということでした。考えることもなく、大丈夫だから、やろう!と康司に伝えました。このことが、康司に、私たちが1時間に7キロ進む力があると自信を与えることができたのではないかと思います。

2度目の休憩の後、康司は、韓国の方へ向きを変えたのです。まさにこの瞬間を待ちわびていました。もう引き返す必要はありません。ただ、私たちのゴールに向け、ひたすら漕いでいくのみです。

韓国側に入り、釜山港を目指していましたが、船の行き交う多さに、私たちは本当に気をつけなければいけませんでした。多くの船が、それぞれ別な方向に向かっており、その多くが、霧や風で、どこに船がいるのか、見たり、音を聞いたりすることができませんでした。さらに船の量も増え、港に近づいたところで、真後ろで大きな警笛が鳴るのを聞こえました。振り返ると、大きな韓国水上保安部の船がいました。私たちの安全を確保してくれていると分かり、写真を数枚撮り、そして彼らの後ろにつき、漕ぎ始めました。

IMGP2392

まず韓国で初めて見た景色は、はるか遠くに見える山々と、数キロ先にある灯台でした。私たちは釜山港に向けて進み続け、灯台の辺りまで近づきました。その時です、まだ距離は離れていましたが、一隻のボートが私たちにちかづいてきていました。康司は、私たちのカヤックをひっくり返してしまう可能性があるので、何て愚かなことをしているんだと言いました。数100メートルまで近づいたところで、彼らは向きを変え、私たちの左側にボートを寄せました。そして、カメラマン達が身を乗り出し、私たちにに手を振っていました。信じられない!私はそう康司に言いました。わずか2日前までは、私たちには韓国へ入国するチャンスすらなかったのに、今は私たちのことを韓国のメディアが取り上げてくれているのです。人生って素晴らしいですね。

IMGP2403

Article
0 comment

最後のチャンス

IMG_3933

それは 夜中の3時だった、キャンピングコンロのシューっという大きな音で寝ぼけてぼーっとしていた目が覚めた、康司はご飯を作っていた。僕はラーメン派なので 康司の横でラーメンをゆで始めた、僕たちの小さな間に合わせのキッチンで。時折強く吹く南風が木を揺らす意外は とても暗くて静かだった。康司の目にはまだ少し戸惑いがあった。彼は天気がころころ変わるのが気に入らなかった。それに天気予報では朝には風が止むとの予報だったが まだ時折 突風があることが気にかかっていた。料理を作り終えた僕たちは ヒューヒューと響く風の音を聞きながら、静かに食事をとった。僕は ラーメンをすすりながら これが韓国に渡る最後のチャンスになるだろう、これまで 1年近くにおよぶトレーニングと失業したこともすべて 自分の夢を実現させるために必要なことだったんだという思いが心の中を駆け巡った。 これが ぼくらの最後の試みだ。

朝5時になり、僕は韓国の海洋警察に電話し僕たちは風が止むまでもう少しとどまると伝えた。なかなか物事はうまくいかず何が起こるか予測できない。僕は カヤックの後方に立っている 風でパタパタとはためく 小さなオレンジの旗をじっと見ていた。それは 僕が直面した この旅におけるさまざまな障害や試練を思い起こさせた。僕は腹が立って 旗のところまで行き 風にはためく旗ををおさえて もし風が吹いていなければそうあるであろう状態にし、言った ”これがお前の場所だ”

朝5時半になり、僕は康司のところに歩み寄った。彼は雲や 海、風になびく木などを確認している。彼は頻繁に携帯電話を取り出し、対馬/釜山の天気予報の更新を常にチェックしていた。彼は集中を解き、僕の方を見て言った。“よし、行こう”

Article
0 comment

奇跡の男

6月13日 日曜日から 台風による影響で 韓国への試みを延期しなければならなかったが、それも落ち着き、僕たちは2度目の試みを15日に決めた。その週の唯一 午前 午後ともに天気の良い15日、この日こそが韓国へ渡るのに良いと思われる 最初で最後の試みである。葯1ヶ月間かけ、両者のお金も康司が自分の仕事を離れられる日数も終わりに近づいていた。

IMG_3756

僕たちは韓国人の友人に 何か進展したことはないか もう一度確認することにした。驚いたことに 進歩があり、彼は おそらく僕たちがカヤックで入国する手助けができるかもしれないと言った。彼に関税局のスタンプを押された 日本の関税の書類をファックスする必要がある。対馬での何回かの出入国管理局と税関への行き来のあと、僕たちはスタンプの押された関税の書類を彼にファックスすることができた。その日の午後4時をすぎたころ 康司は、入出国管理局から 正式に 初めての サポート船なしでのカヤックによる韓国への遠征が認められたという知らせを受けた。いざ出発のときだ!!

Article
0 comment

北風=韓国への試みなし

IMG_4500

僕たちは昨日 荷造りをし、装備をすべて乾かし、食料をいっぱいにして韓国へ渡る準備をした。午前3時に起き、天気予報が予測したように 北風(向かい風)がやむのを待った。朝食を作っているときには、風が止む気配はなく、もしもこのまま風が吹き続けるようであれば、対馬をまっすぐ渡るときに 向かい風におそわれる危険を考慮し、韓国への出発を延期しなければならない。午前5時になり、康司はまだ風向きが変わる気配がないことをとても懸念しており、結局 午前5時半に出発を他の日に延期することを決めた。