Article
0 comment

康司の遠征日誌 16

史上最大の勢力と言われていた台風8号だったが対馬直撃のルートではなさそうだった。ただ台風ともなう風やうねり、押し上げられた梅雨前線の影響は当分つづきそうで出発の見通しは立たなかった。
脇本さんの経営するお店の手伝いをしたり配達に付き添っていろいろ観光をしたりして対馬滞在の日々を過ごしていた。
7月8日、運命的な出会いを果たすことになる。
対馬北東岸に位置する景勝地でもある茂木浜を訪れたときのことだ。
対馬の観光地はどこも韓国人観光客ばかりで茂木浜にもツアー中らしい10名ほどの韓国人の団体が浜を散策していた。
一人の韓国人男性が「不思議な岩が落ちていたがこれはなんだろうか?」と流ちょうな英語で僕達に話しかけていた。その岩は灰色の固まりに白いつぶつぶの物 体が埋め込まれたような形状をしていた。よく見るとそれはコンクリート片で、割れ止めの添加物として発泡スチロールを混ぜて固められたもののようだった。 波に洗われて不思議な形状をした塊に変化したようだ。
それを伝えるとその男性は残念そうな顔をしていたが今度は僕達に興味をもったようだ。
「ところで君たちは対馬でなにをしているの?」
これも一つの縁だと思い今回の遠征のことを簡単に話した。
漂着ゴミの問題。宗像から対馬まで手漕ぎのカヤックで漕いできた。そして釜山まで行きたいのだがなかなか許可が出ないことなど。
そうすると韓国人男性は非常に興味を持ったようでメモを持ち出してきて僕達に言った。
「詳しく教えてほしい。」
正直、この男性に話してなにかが変わるとも思えなかった。しかし一縷の望みさえも絶たれてしまっている現状から少しでも打開できればという想いで韓国税関とのやりとりを一年前からさかのぼり詳しく説明した。
話が終わるとその男性は「よく分かりました。」と言い一枚の名刺を手渡してくれた。
その名刺には「ライオンハート」と名前が書かれていた。
「これはなんの名刺なのですか?」と聞くと
「韓国のおいしいレストランをウエブで発信してるのさ。道楽だよ。」
といって笑っていた。
ツアーバスの運転手さんに促されライオンハートさんはバスに戻っていった。僕達は名刺を持っていなかったので脇本さんの名刺を手渡しただけだった。なんの約束もしていない。ただそのときはたまたま道中で出会った人と世間話をしたという認識しか持っていなかった。
しかしその数日後ライオンハートさんによって僕達の運命が大きく変わることになる。

Article
0 comment

康司の遠征日誌 15

7月6日夜半過ぎから風が北東に変わった。しらじらと明るみを増す空を見上げると今にも泣きだしそうなどんよりとした雨雲が空を覆っていた。
脇本さんがカヤックの上でも食べれるようにと携帯食を持参して見送りに来てくれた。8時頃まで風が変わるのを待ったが南に変わることはなかった。遠くの空で雷鳴が聞こえた。今日の出艇を取りやめるしかなさそうだった。
チェさんにラインで連絡する。
「今日の出艇は取りやめます。」
「了解です。そのほうが良さそうですね。」
残念なような、ホッとしたような不思議な気持ちだった。

比田勝に戻り出入国管理局に行く。出国スタンプの取消のためだ。昨日のやさしい係員とはうってかわって少し目つきの鋭い係員が僕達を見るなりまくしたてた。
「もう台風が接近しているから今回は諦めましょう。韓国の税関が駄目だといっているのですから私達も許可を出したくない。」
「それは話が違う。こちらは正式な手続きをして出国しようとしている。出国した後は我々の自己責任だ。スタンプを押してくれないことだけは絶対に困る!」
僕も食い下がった。いろいろな議論が対馬税関でもあったのだろう。何度もスタンプを押すのは嫌だということなので台風が通過するまでは出ないと約束してとりあえず今回の出国スタンプの取消は行ってくれた。

サポートしてくれている僕の家族(妻と子供二人+居候)が一足早く釜山に行き帰国することになった。植え付けをした田んぼや畑をこれ以上ほったらかすわけにはいかなかったからだ。

旅は台風接近に伴い長期戦に入らざるを得なかった。脇本さんの好意で開業間近のゲストハウスの第一号として宿泊させていただいた。暴風に備えてカヤックは佐護シーランドの艇庫に保管してもらうこになった。脇本さんの好意にはいくら感謝しても余りある。彼の北対馬でのサポートがなければ今回の遠征は成し遂げられたなったとも思う。