Article
0 comment

康司の遠征日誌 11

ここで今回の遠征のための安全装備について明記しておきたい。
海上で外部との連絡をする手段として今回は衛星携帯電話を携行した。携帯電話はソフトバンクを持っていたが海上や諸島部ではほとんど役に立たなかったと いってよい。携帯電話ならドコモが通話範囲が広い。沖ノ島にまで電波塔がたっており漁師や島民はほとんどドコモを使用していた。
あとアメリカなどでは主流になっているサテライトトラッキングシステムの導入も検討した。
Delorm社のinreach2という製品で携帯電話サイズの小さな機器だ。衛星に電波を発信し第三者がパソコンなどから常に所有者の位置を確認できる優れものだ。機械も安価で契約料も手ごろであることから海外からのバックパッカーなど使用している例も多い。
だが国内での使用は電波法に抵触する恐れがあり実際は違法と判断される可能性が高い。
海上保安庁に事前に確認したところ「我々は救助機関でもあるが違法行為の取締機関でもある」との回答だった。つまり違法電波を発見した場合は検挙しますということだ。
今回の遠征の安全装備を検討する際にDolorm社からスポンサーとして製品の提供を受ける話もあったが、そういった国内事情により断念せざると得なかった経緯がある。
このシステムがあれば海上保安庁も容易に僕達の位置を把握できるはずだし、僕達にしても日本国内の高額な機器と契約料を払わずとも安全を確保できる。そもそも国内のイーパブは機器も大きくカヤックには適したものではないし追尾システムとしての機能もない。
どの業界でもそうだがまだ企業の既得権益による権利独占がまだまだ横行している。一刻も早く利用者の立場にたち優れた技術を一般に開放してほしいと思う。

海上保安庁の立場も理解できる。もし本当に海難を起こした際には頼りになる組織であることは確かだ。しかし海旅を行う際に保安庁に連絡するかどうかは今の ところ個人の裁量に任されていうのが現状だ。カヤックというのは法律上、船舶のくくりには入らない。免許もいらないしもちろん今回の遠征のように海外に だって渡っていける道具だ。普段僕が行うツアーでいちいち海上保安庁に連絡することもないが、毎年行っている祝島~小豆島の瀬戸内横断隊では自主的に連絡 はしているが定期連絡までのことはしていない。
今回の遠征については漂着ゴミ問題を世間に広めるという社会的意義もあり新聞などにも紹介された。そういったこともあり事前に海上保安庁には計画書を提出していた。
しかし出発当日まで特になんの指導もなく角島漁協の連絡により急な介入が始まった。角島漁協の連絡がなかったら彼らはどうしていたのだろうか。
「知ったからには」と彼らは言う。知っていたのになんの対策もとらなかったら何かあったときの責任問題に発展する。「1%でも危険があれば我々は動きます」と彼らは言うがそれは誰のためだろう?これほど安全な国もないかもしれないが、逆に幼稚な思考とも受け取れる。
アラスカを旅した際、国立公園局のレンジャーが旅行計画書を提出してほしいと言ってきたことがある。「何のために?」と聞いたところ「君がもし死んだら捜 索して日本まで送らなきゃならない。そのためさ。」とサラリと答えた。この旅は完全に自己責任なのだと改めて気持ちが引き締まった。
日本という国は自己責任という言葉を許さない。
記憶に新しい辛坊さんのヨットでの太平洋横断失敗に対しては日本中からのバッシングがあった。海やヨットを知らない人々が物知り顔で評価する。果てや冒険に関係のない過去の発言やパーソナリティーに対する悪口までごちゃまぜだ。
いろんな思惑がこの冒険にあったことは理解できる。だが、まずは盲目のセイラ―とともにチャレンジしようとしたその勇気をたたえるべきではないか。批評はそれからだ。
僕が以前ラジオのパーソナリティをしていたときだ。若者が広島の雪山バックカントリーに入り遭難騒ぎを起こした。彼らは持参した食料で飢えをしのぎ小屋を見つけて暖をとり自力で下山してきた。新聞で報道されたのは知事の前で頭を下げて謝罪するそのグループの写真だった。
「よく生きて帰ってきた。堂々と胸を張って帰ってきたらよい。」
そうラジオで発言したところ
「どれだけの人に迷惑をかけたと思っているのだ。若者の無謀な行為が多すぎる!」
と反論のメールがたくさん来た。

無謀な行為と冒険はどこに線引きされるのだろうか。ほとんどの人はその意味さえも分かっていないのではないか。目に見える結果がすべてなのだろう。その背後にあることを想像することもできない。
1%の危険を冒すことのできない日本。そんな社会環境では新たなチャレンジ精神は生まれない。リスクのない冒険などない。リスクや危険と対峙するからこそ 人は考え乗り越えようと努力する。その壁を乗り越えるときにこそ魂はいきいきと輝き人は成長していくのだ。冒険やチャレンジを応援し後押しできる世の中。 それこそが子供達が輝ける未来だと僕は思う。

Article
0 comment

康司の遠征日誌 10

「冗談でしょ。この通り僕たちはピンピンしていますよ!」
「定期連絡がなかったようで、本部のほうから救難命令が出ています。」
最後に連絡したのは午前10時。そうだった、海上保安庁のほうは4時間おきの定時連絡をするようにと僕たちに要請していたのだった。
しかしこの定時連絡については事前に一悶着があったことも事実だ。カヤックという特性上、パドルから手が離せず電話ができない場合もある。緊急のためにも 携帯衛星電話のバッテリーの消費も抑えたいので4時間おきは努力はするが約束はできないと伝えていた。緊急の場合はこちらから連絡するとも。
上空からは爆音をあげて双発のプロペラ機が旋回しはじめた。
「もしかするとこの飛行機も僕たちを捜索するため?」
船上の海上保安官は大きくうなずいた。なんてこった。。。
とくかく福岡の海上保安本部のほうへ電話してほしいということなのでカヤックの上から電話をかけた。
「なぜ本部の方へ定期連絡を入れないのか!」
電話先からは名前も名乗らない高圧的な態度の男が突然そう言い放った。
「海域の管轄が変わったから良かれと思い福岡海上保安部のほうへ定期連絡を入れたのですよ。」
「約束した時間に定期連絡がなかったじゃないか!」
「こちらとしては約束した記憶はありません。昼前にした連絡でも今日は完璧な天候で問題はない。壱岐に近づいてきたら連絡すると伝えていたはずです。」
「そんな報告は聞いていない!」
明らかに喧嘩腰である。お前たちは重大な過ちを犯したのだぞ。こんな騒ぎを起こしたのだからもうこの遠征を中止しなければならないぞといわんばかりの口調だった。
「とくかく僕は救助要請をした覚えもない。こんなことになるのなら今後定期連絡も一切行わない!」
僕はそういって電話を切った。
僕達は憮然として再びパドリングを始めた。しばらくの間巡視艇は僕たちの後ろをついてきたがそのうち壱岐にある母港へと帰って行った。

壱岐の北岸は美しかった。断崖絶壁の切り立った海岸線と透き通るように深い底まで見える美しい海。毛羽立った心がゆっくりと落ち着いてくるのが分かる。壱 岐北端の小さな島に囲まれた天然の良港勝本に入る。整備されたキャンプ場をみつけ上陸した。人間の都合はともかく僕たちは最初の横断を無事の終えることが できたのだ。まずはそのことを喜ぼう。

Article
0 comment

康司の遠征日誌 9

サポート船の可能性はなくなった。沖ノ島~対馬ルートを行く場合はまた海上保安庁とのやりとりがまた難儀な問題となりそうだった。
宗像大社からも沖ノ島の上陸許可を頂いていただけに行ってみたい島の一つだったがここはまた別の機会とすることにした。
残るルートは一つ。壱岐~対馬~韓国ルートだった。室町時代から江戸時代にかけて李氏朝鮮より日本に派遣された外交使節団であった朝鮮通信使の船団もこのルートを通って行き来している。いわば韓国にわたるためのスタンダードコースだ。

佐賀の唐津あたりから壱岐を目指すのが距離も近くもっとも安全ルートかもしれなかったが、角島~沖ノ島の横断失敗をしている僕たちにとってはそれを取り戻 す強烈なカウンターパンチが欲しかった。先には更に難しくなる対馬への横断と韓国への横断を控えている。海流の影響の比較的少ない玄界灘横断を避けては先 の横断に対する自信をつけることはできない。地図で距離を計測すると宗像から壱岐北端までは70kmオーバーの横断になる。明日の天候を考えてもチャレン ジしない選択肢はなかった。

道の駅むなかた横を流れる釣川河口に良い浜があった。駐車場にテントを張って早朝の出発に備えた。しかし薄暗くなってから判明したのだがそこは若いカップ ルのデートスポットだった。駐車場には車が増え、浜では打ち上げ花火が次々にあげられる。これはたまらんと対岸に移動して松林の中に隠れるようにしてテン トを張った。時折バリバリと音をたててバイクが走り去ったがなんとか眠りにつくことができた。

朝3時45分起床。朝食を食べて出発したのは5時15分だった。
今日も梅雨独特の低くたれこめたような空。霧がうっすらと世界を包み見通しは悪い。微風追い風、完璧なコンディションだ。
たくさんの船舶が周囲を航行しているのだろう。方々からいろんな種類のディーゼルエンジン音が聞こえてきた。
時速7kmくらいで順調に西に向かって漕ぎ進んだ。1時間に一回、5分程度の休憩をとりながらのパドリング。
午後1時ごろ小呂島を視界にとらえ通過。ほぼ予定通りのルートと時間だ。
南西からの流れに押されているときもあれば西からの流れに押し戻されているときもあった。海流よりは潮流の影響のほうが強いようだ。
午後4時頃、巨大な壱岐の島影をようやくとらえることができた。
そんなときだ。聞きなれた重低音のディーゼルエンジンの音が聞こえてきた。
海上保安庁の巡視艇だ。まっすぐに僕たちのほうへ向かってやってきたかと思うとスピーカーからは停船命令の指示。
何事だろうと待っていると甲板の先端にたった海上保安官が僕たちに向かってこういった。
「海難が起きたとみなして貴船を捜索しておりました!」
「なんだって!?」

Article
0 comment

康司の遠征日誌 8

今回の遠征の中で僕が心配していたのが西から東へ流れる対馬海流の影響だ。
今回の角島~沖ノ島間はその対馬海流に真向いに向かっていくことになる。初日の失敗は海流に加えて西風の影響も大きかった。海流も沖合の早い場所では2 ノット程度は流れていることが分かった。沖ノ島横断の成功の鍵は良い東風が吹くことだということは体で経験した。ただあまり強く吹けば波の力と相反して危 険な3角波地帯となることもある。
僕は2つの選択肢を示した。一つは角島の出発にこだわり東風を吹くのを待つか。二つ目は出発地を移動して韓国到達を最優先してルートどりをするかであった。
難しい選択だった。
角島はマイクがビーチクリーンを続けるシンボリックな場所だ。こだわりたい気持ちは充分にわかったが僕にもマイクにも遠征に充てられる時間はそう多くなかった。
僕たちは韓国到達を第一の目標にして出発地を変更することに決めた。

6月25日、福岡県宗像市まで車を走らせた。角島からカヤックで宗像まで移動することも考えたが翌26日が最高の海況となる予報が出ていた。どのルートをとるとしても海況横断には最高の天候となるためその日を沿岸航海にあてるのは惜しかったという理由もある。
宗像へ移動する途中に門司にある第七管区海上保安本部に立ち寄った。もし来れるなら来てほしいという要請とこれから先の海の情報を仕入れる目的もあった。
「正直驚きました。」
若いころは海猿だったという鋭い目力をした海上保安官がそう切り出した。
というのも僕たちが引き返す選択をするとは思っていなかったというのだ。
「無謀なチャレンジだと思っていました。だけど引き返す勇気をもっておられた。安心しましたよ。」
「死にたくないですからね。。。」
そう談笑しているとその上司らしい保安官がドンと資料と持ってきた。
「これがあなたたちが行こうとしているルートです。」
それは関門海峡から中国や韓国へ向かう船舶のレーダー航跡図たった。海路は真っ赤に染まった状態で相当数の船舶の往来があること示してる。
「あなたたちが行くとしているルートは非常に交通量の多い海域です。カヤック単独で行くことはとても無謀で容認できません。」
あぁ、また始まったと思った。
「僕たちはこのチャレンジを諦める気はないし、海上保安庁にそれを止める権限もないはずです。」
「もし沖の島~対馬を目指すならサポート船を必ずつけてください。あなたたちの安全を考えての指導です。」
僕たちの安全というよりは何かあったときの自分達の責任問題を考えているのではないかと思ったが口には出さなかった。
結局、海の情報部にも入手したかった対馬海流の流速図はなかった。エンジン船が主流の今は2ノットの海流など考慮する必要もなくなったのだろう。

宗像の鐘崎漁港に向かった。ここから北へ50kmに沖ノ島を望む。沖ノ島に向かう最適な場所だ。海上保安庁との話合いを無視するわけにもいかず駄目元で あったがサポート船の可能性をさぐるためだ。鐘崎漁港の組合長はとても親切で複数の漁師にあたってくれたが答えはNOであった。唯一話を聞いてくれた遊漁 船の船長から提示された額は対馬まで20万円という金額だった。もちろんそれは妥当な額ではあったが僕たちの資金にそれだけ捻出する余裕もないしましてや サポート船をつける重要性も感じていなかった。

Article
0 comment

康司の遠征日誌 7

午前5時、出発の準備がすべて整ってから海上保安庁に連絡した。
「たったいまから沖ノ島へ向けて出発します。」
「やはり行くのですね。4時間に一度の定期連絡は必ず入れてください。お願いします。」
電話口から聞こえてくる声は半ばあきらめ感が漂っていた。
30人くらいは応援に駆け付けてくれていただろうか。手を振りながら陸をけった。
カヤックは海に吸い込まれるようにして進んだ。陸が遠くなり声が消えていった。
見えない島を目指していく高揚感とそして恐怖。そんな感情を静かに押し消すかのようにパドルを規則正しく回す。天気は曇り、西風の微風向かい風。梅雨独特の低く垂れこめた雲の下を順調に進んだ。
2時間も漕ぐと周囲から陸地は全く見えなくなった。灰色の空と海が一体化しまるで出口のない世界を漕いでいるような気持ちになる。僕は漕いでいる際はあま り言葉を発しない。風や遠くの雲や海を凝視し変化に気を配ることに集中する。周りに陸地が見えなくなるとGPSの情報が頼りになる。航行スピードを常に チェックしながら漕ぎ続けた。
対してマイクはいつもにぎやかだ。思ったことをすぐに口に出して同意を求める。マイクにとっては陸の見えないカヤッキングは初めての経験だ。とてもエキサイティングだと興奮して漕いでいく。
雨雲がいくつも発生して僕たちを雨粒がたたいた。雨の海もそれは幻想的ではあるのだが雷は怖い。幸いにして雷鳴は聞こえなかったがもし雷が発生したらカヤックは格好の標的となることだろう。
雨をやり過ごすと、にわかに向かい風が強くなり始めていた。それに加えてGPSの速度が5km前後しか表示しなくなっていた。僕たちの標準スピードは7~8km毎時前後。海流の影響を受け始めてるということだ。
真向いからのうねりにカヤックが叩かれ始めた。バシンバシンと波を越すごとにカヤックは上下動する。スピードも5km毎時を切り始めた。
午前11時。6時間漕いで24kmしか進んでいないことをGPSで確認。休憩して手を休めると時速3kmくらいの速さで押し戻される。海流も相当強くいく手を阻んでいるようだ。
当初の予定では沖ノ島到着までの所要時間は12時間を予定していた。予定は相当遅れていた。風は次第に強まり、波の波頭には白波が見え始めた。このまま進 めば到着は真夜中だ。この不安定な天気の中、小さな沖ノ島を目指すことは危険だった。万が一島をロストすれば事態は最悪だ。もちろん夜間航行の準備はして いる。でもそれはエマジェンシー(緊急事態)のための準備だ。エスケープの選択肢が残っている中での予定からの逸脱は無謀だというのが僕の経験測だ。
「引き返そう。」
マイクにそう伝えるとそれは晴天の霹靂だったようだ。
「なぜだ。俺たちはまだ進める。」
「無謀だ。予定から遅れすぎだ。」
ナビゲーションは僕の担当。今のスピードと航行距離、これからの見通しや天候などを2人でよく話し合う。マイクも納得してくれた。これからは常に状況を共有しながら漕がなければいけないなと反省した。
携帯衛星電話で海上保安庁に定期連絡。引き返すことを伝えると逆に「どうして?」といった反応だったのが面白かった。カヤックの目線とエンジン船の目線は違うのだ。自然のパワーには逆らえない。
11時30頃、カヤックのバウを角島に向けた。
追い波、追い風、追い潮でカヤックは飛ぶように戻っていった。マイクは慣れない外洋のうねりと新調したシートクッションが合わなかったようでひどい船酔い になってしまった。でも一番の原因は寝不足だろう。何度も吐きながらもなんとか態勢を保っている。これも良い経験になるだろう。
行きは6時間半かかった行程を3時間半で戻ってきた。
朝あれだけ賑わっていたビーチは静けさを取り戻していた。いいぞ。
「さて、これからが始まりな。」
僕は心の中でそう呟いていた。